納税するとお礼品がもらえるふるさと納税の魅力

男女

特徴的なお礼の品

家族

寄付の仕組み

多くの人に人気となっているふるさと納税は、自分の好きな地域を選んで寄附できる制度で、寄附をすることで所得税、住民税が控除される。また、寄附した先によってはお礼の品を受け取ることができ、中にはお礼の品として家電を選択できる自治体がある。寄附先の制限はないため、寄附する者はお礼の品を見て寄附先を選ぶことも可能である。家電をお礼の品として受け取るには、ふるさと納税の寄附金額は大きくなる傾向にある。特に高額な家電を選ぶ場合には数十万円の寄附金額が必要となる場合も少なくない。ふるさと納税により寄附した金額のうち、所得税や住民税の控除される金額には上限がある。この上限金額は収入などにより決まるため、高額な寄附金額となる場合には、控除される金額の上限を超えていないか、確認したほうが良い。上限金額を超えた分は控除されないため、自己負担となる。

お礼の品の選択肢

ふるさと納税により受け取ることができるお礼の品は、地域の特産品、ホテルの宿泊券、家電などさまざまである。寄附先に制限がなく、お礼の品から寄附先を選択できることもふるさと納税の人気の理由の1つと考えられる。また、控除金額の上限の引き上げやワンストップ特例制度のスタート、またふるさと納税の仕組みに対する認知度が向上したことで、ふるさと納税の人気はますます高まっている。お礼の品は寄附金額に対して高額なものも多く、寄附金額に対する還元率という視点からは、節約、節税の方法としてかなり効果が高い。収入が多く、所得税や住民税の控除額の上限金額が大きい場合には、高額な寄附金が必要となる高級家電も選択肢として入れ込むことができるので、検討してみると良い。