納税するとお礼品がもらえるふるさと納税の魅力

景色

簡単にできる

レディ

ふるさと納税は、取り扱いサイトも増え、ますます便利になっていておすすめです。返礼品も豊富で、季節の品など、期間限定のものもあります。手続きも簡単ですので、返礼品や支払い方法など、便利なサイトを選びましょう。

手続きは簡単

財布

制度が始まって利用者が増え続けるふるさと納税ですが、種類に富んだ謝礼品は人々を惹きつけています。数が多くて悩む人は、おすすめを紹介するサイトを覗くと良いでしょう。ランキング形式になっていますし、ふるさと納税の手続きについても案内しているので便利です。

寄付金控除で節税

風景

所得税と住民税の減税

最近よく耳にするふるさと納税ですが、正確には寄付金控除という所得税と住民税の減税に繋げる制度を利用するものです。そのため、通常の場合は確定申告が必要でしたが、件数が少ない場合などにはあえて確定申告をしなくても、ふるさと納税を受けた自治体で対応してくれるようになりました。所得税は該当年の控除につながり、住民税すなわち都道府県民税及び市町村民税は翌年度の税額が少なくなります。そのため、所得が多い年にこの制度を利用すると、非常にお得というわけです。退職する前の年などに行うと、その節税効果が大きいことがよく分かります。賢く制度の利用を行って、賢く節税を行える制度ですので、手持ち金があるときなどに意識して行うと良いものです。

寄付金控除の自己負担部分

ふるさと納税などの寄付金控除では、自己負担部分として二千円は控除されません。一見、この損をしてしまうことから躊躇する動きが見えました。ところが、自治体によってはこの二千円部分をお礼の品として返してくれるところが現れたわけです。たとえばその自治体の特産品であるとかあるいは農産物等で、これが非常にお得さを生み出す制度になっています。自己負担額の二千円以上のお礼がもらえることから、多くの人が利用するに至りました。なお、現金化しやすいものは総務省が否定的な見解を示しており、自治体によってはふるさと納税の返礼品を見直し金券などはやめて、他の農産物などに切り替えるところも現れています。それでもお礼の品が豪華なところは少なくないので、非常に魅力的というわけです。

特徴的なお礼の品

家族

利用者が多いふるさと納税は寄附先に対する制限はなく、お礼の品から寄附先を選択することができる。お礼の品の中には家電が準備されている自治体もある。比較的寄附金額が多い場合でないと家電を選択することはできないので、所得税、住民税控除の上限金額を確認しながら検討してみると良い。